豆苗とは?

何度でも再生する!?豆苗のたくましい栄養素

豆苗(とうみょう)とは?

 

豆苗とは、普通の八百屋さんやスーパーで売られている緑黄色野菜のことです。

 

外見は「かいわれ大根」のような、ヒョロ長い「もやし」のような姿をしていますが「えんどう豆(グリーンピース)の若菜」が正体なんですよ。

 

この豆苗は、これまでは確かに脇役的な野菜の一つでした。

 

ですが、

  • 安い
  • 栄養価が高い
  • 何の料理にでも使える!

というような理由から、最近の某レシピサイトでは常にレシピが上位にランキングされているほどの人気野菜になりました!

 

そして何より豆苗の人気を支えているのは、カットした根っこから豆苗を「再生」できるということなんです。

 

再生とは?

豆苗は「かいわれ大根」のように根っこ部分をカットして調理に使うのですが、その根っこの部分を水に浸しておくことで、芽を再生させることができるのです!

 

再生する強い生命力

 

豆苗のお値段は1パック100円ほどですので、100円で少なくとも2回は楽しむことができます。
わずかばかりですが、家計にも嬉しい野菜なのですね。

 

再収穫までの期間は約1週間〜10日間ほど。

 

当サイトでは、さらに1回目の栽培にとどまらず、2回目(食べるのは3回目)にもチャレンジしていますので、ぜひその結果もチェックしてください!

 

ほうれん草よりも高い栄養価

豆苗は「もやし」のようにヒョロヒョロしていますし、緑色の葉っぱの部分が小さいので栄養価が高くなさそうな印象を感じた方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、主要な栄養素の多くで「ほうれん草」を上回り、たくましいほどの栄養価を持っています。

 

栄養価も高い!

 

ほうれん草 豆苗
ビタミンB1(mg) 0.11 0.24
ビタミンC(mg) 35 74
βカロテン(μg) 4200 4700
葉酸(μg) 210 150
ビタミンE(mg) 2.1 2.8
食物繊維(g) 2.8 3.1

 

豆苗のまとめ

これから豆苗を購入して、料理に使ったり栽培してみようかとお考えの方は、

  • 100円で2度3度食べられる
  • 栄養価が高い!
  • どんなレシピにも使いやすい

という3つのポイントだけは覚えておいてくださいね!

 

これまで八百屋さんに行った時に豆苗を購入していなかった方は、ぜひご家庭の「野菜買い物リスト」に、この「万能野菜」を付け加えてみてください!

 

次のページは栽培する為に必要な事前に準備するアイテム

スポンサード リンク