豆苗を再生して育てる方法

10分でわかる育て方

育つ流れ図

 

 豆苗とは? 【1分】

八百屋で売られている緑黄色野菜ですが、1度食べたら終わりではなく、余った「根っこ」を台所で栽培することができます。

 

再生させた豆苗は、また同じように食材として再利用することができます。
つまり1回の購入で2度も美味しく食べられるのが豆苗です。

 

家計に優しいだけでなく栄養価も高いので、普段使いのお野菜としてお勧めです!

 

あらかじめ用意しておくのは2つだけです。

  • 豆苗
  • お皿

どこで購入できるかも紹介しています!

 

 育てる直前の用意 【3分】

直前の準備は、とても簡単です。

  1. カットして
  2. 根っこをお皿に乗せて
  3. 水を入れる

これで完了です!

 

 毎日の栽培方法 【3分】

毎日のお世話は一つだけです。

 

1日に1回だけ、どのタイミングでも良いので、お水を交換して上げましょう!

 

これを約10日間ほど繰り返すと、豆苗が再生されて1回分の食材として再利用することができます。
お疲れ様でした!

 

 

購入1回でどこまでやれるか?

豆苗は再生するのがメリットということは、

  • 購入1回で、再生1回と食べる2回(購入分+再生分)

が見込めるということですね。

 

ですが、もう少し粘って

  • 購入1回で、再生2回と食べる3回(購入分+再生1回目分+再生2回目分)

は可能なのでしょうか?
1・2・3とゴロもよくなってきますよね。

 

当サイトでは、その点の実験も行なっていますのでネタバレが気になる方は、

栽培日記

をご覧ください!

 

再生1回目と2回目の記録を、画像付きで残しています。

 

レシピについて

当サイトは、豆苗の育て方や栽培方法について紹介しているサイトなので、レシピについてはほとんど紹介していません。

  1. 検索エンジンで「豆苗 レシピ」と検索する
  2. クックパッドで探す
  3. 楽天レシピで探す

というような方法で、作りきれない量の豆苗レシピを簡単に見つけられますので、ぜひ試してみてください!

 

豆苗は生食でもいけますが、炒めたり茹でたりして使ってもすぐに火が通ってシンナリするので手間のかからない食材です。
「はなまるマーケット」でも、抗酸化作用によって美肌力や免疫力もアップすると絶賛されていました!

 

最近はスーパーでも常備されているほど簡単に手に入りますので、健康と美容の為にも、普通のもやしに置き換えるような形で食卓に取り入れていきたいですね。

 

豆苗は、カットした根っこから2度、3度目の栽培を楽しむことができる野菜です。
お値段は安いのに栄養価が高いのが特徴で、家庭の節約にも貢献してくれます!

 

当サイトでは豆苗を再生させて育てる方法や手順を紹介しています!