いざ豆苗を再生する為の用意です

育てる直前の用意

豆苗を購入したら、上の食べられる部分は料理に使ってしましましょう!

 

このページでは、余った「根っこ」を活用して豆苗を再生させるための具体的な用意の手順を紹介しています。

 

包丁でカット

まずは料理の材料として豆苗を使うために、茎の下の方からザクっと包丁を入れます。

 

イメージとしては「かいわれ大根」ですね。
すると「葉っぱ+茎」と「根っこ」の部分に分かれます。

 

茎の下の方でカットします

 

「葉っぱ+茎」は、モヤシのように使い勝手が良い料理の材料になると思います。

 

豆苗レシピは人気が高まっているので、色々と参考にしてみてください!

 

余った「根っこ」

豆苗の根っこ部分をよく見てみると、大きめの茶色いお豆みたいなものが密集しています。

 

根っこには茶色い豆が密集

 

その下に、まさに白いヒョロっとした根の部分がたくさんありますね。

 

「かいわれ大根」のようにスカスカではないので、これが何回か再生する生命力の源になっているのですね。

 

お皿に乗せた後に水を入れて完了

その生命力に満ちあふれている「根っこ」を、事前準備で用意しておいたお皿に乗せます。

 

カットした根をお皿に乗せます

 

最後は、お皿の中に水を入れて直前の準備は完了です。
水の量は大体で良いですが、私の場合は根っこが隠れるくらい入れていました。

 

育てる場所

置いておく場所は「室内」でOKです。

 

豆苗のパッケージの裏側にも、
「キッチンなどの室内で育ててください」
と書かれているので、特に日なたに出しておく必要はないみたいですね。

 

台所の空いている場所を見つけて置いておきましょう!

 

次が最後!「毎日の栽培方法」です

スポンサード リンク