豆苗の栽培の仕方

毎日の栽培方法

いざ豆苗を栽培し始めて、そのまま何もしないでも勝手に育っていってくれたら良いですが、毎日一つだけやるべき作業があります。

 

それは水の交換です。

 

水やりのコツ

豆苗を買った時の袋の裏側には次のように書かれています。

  • 清潔な水道水を用いてください
  • 冬は1日1回、夏は1日2回水を換えてください

私が育てたのは春先だったので、1日1回だけ水を交換してあげていました。

 

朝は忘れやすいので、夜ご飯を食べて洗い物が終わった後に、その流れで水を替えるということをルーチンワークにしていました。

 

個人的には洗い物の後だと、忘れにくいような気がします。

 

栽培期間

それでは、この水の交換は何回くらい繰り返せばよいのでしょうか?

 

同じく豆苗の袋の裏には、

  • 通常7〜10日間で再収穫できます

と書かれています。

 

袋の裏側に書かれている内容

 

私の場合は1回目が10日間2回目が9日間で再収穫できました。

 

なので、水の交換は9日〜10間くらい続ける心づもりでいれば良いと思います。
本当は1週間くらいで成長しきってくれたら良いのですけどね。

 

収穫のタイミング

実際に育ててみると、わかると思うのですが、栽培期間が10日に近づいてくると茎が伸びすぎてしまって何本か横に倒れ始めてきます。

 

なので、豆苗が自立できなくなってきたら収穫のタイミングだと思って良いと思います。

 

茎が横に倒れたら収穫

 

まとめ

「10分でわかる豆苗の育て方」はいかがでしたでしょうか?

 

シンプルに書いてしまえば、

  1. 豆苗を買う
  2. 根っこを切る
  3. お皿に入れて水をやる

これだけで良いので、本当に簡単だったと思います。

 

豆苗は100円で購入できて2回分楽しめる、非常にお得なお野菜です。
実験として3回目(再生は2回目)を目指してみるのも面白いと思います!

 

私自身も昔の朝顔の栽培などを思い出して、楽しくできました。

 

ぜひご家庭で豆苗の育成を楽しんでください!

スポンサード リンク