豆苗を育てる為にあらかじめ準備するもの

事前に準備するアイテム

豆苗を自宅で栽培する時に、事前に準備しておくアイテムは、

  • 豆苗
  • お皿

の2つだけです。

 

特別なモノは一切必要ないので、どのご家庭でも簡単に栽培して再生させることができます!

 

それでは2つのアイテムについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

豆苗(とうみょう)

まずは「豆苗」そのものが必要になります。
「種」ではなくて、野菜として売られているそのままの姿をゲットします。

 

こんな風に売られています

 

根っこをカットして、その根っこの部分を種として栽培していくわけですね。

 

【買える場所】
購入できる場所は、近所の八百屋さんやスーパーでOKです。
1袋100円くらいで買うことができます!

 

もし、どうしても手に入らない場合は、楽天市場などのインターネットでも手に入れられます。

 

試しに楽天で「豆苗」と検索してみましょう。
1袋から注文することができますね。

 

また、楽天カードを持っていない方はこの機会にゲットしておきましょう。
持つだけで5000円分のポイントが付いてくるので、豆苗でしたら50袋分が無料で注文できてしまうということになります!

 

もちろん欲しかった他のモノを買っても良いですし、年会費は何年間でもずっと無料なので持っておくと便利ですよ。

 

お皿

次に準備しておくアイテムは「お皿」です。
これは何に使うかというと、豆苗の根っこを入れて育てる為の器ですね。

 

水を入れる必要があるので、ある程度の深さがあるものが良いですよ!

 

我が家では次のようなお皿を使いました。

 

こんな風に売られています

 

大体のサイズは、

  • 横:19センチ
  • 高さ:3センチ
  • 奥行き:6〜7センチ

くらいです。

 

これはグラタンを買った時に付いてきたお皿だったと思います。
楽天で冷凍の生パスタとグラタンを購入した時に付いてきたやつですね。

 

以上で豆苗を栽培する時に事前に準備するアイテムは完了です!

 

次は「育てる直前の用意」についてです。

スポンサード リンク